データセンター向けハードディスクドライブ

大容量データストレージ

革新的なハードディスクドライブでデータ容量の効率向上

Western Digitalでは企業がビッグデータを運用するうえで、Volume(量)、Velocity(速度)、Variety(多様性)の「3V」に焦点を当てています。ただ、データが収集過程から実用化過程にシフトするにつれ、4つ目の「V」、すなわち Value(バリュー)の重要性が高まっていきます。

大量のデータをソース、タイプ、サイズ、形式にかかわらず統合、分析すると、以前は見られなかったトレンド、パターン、関係性という形で、データの価値を可視化することができます。こうしたデータから得られたインサイトは的確な意志決定とビジネスのアジリティ向上に極めて重要です。ビッグデータからこの価値を抽出して、ビジネスをさらに進化させるには、目的に特化した機能を持つ高度なストレージインフラストラクチャが必要です。

パブリックおよびプライベートクラウド環境用に構築された当社のハードドライブは、コスト効率と省エネ効果に優れ、大量のデータを確実に保存できます。当社の大容量HDDポートフォリオで活用される業界最先端テクノロジーの例として、OptiNAND、ArmorCache、EAMR(エネルギーアシスト磁気記録)、TSA(トリプルステージアクチュエータ)、HelioSealが挙げられます。当社のテクノロジーに関する詳細は以下をご覧ください。

ArmorCache

OptiNANDにより利用可能になったArmorCache機能で、エンタープライズクラスの電力損失保護とハイパフォーマンスを提供します。

OptiNAND

OptiNANDは、拡張メタデータの負荷を減らすフラッシュ層を追加して、DRAMニーズを減らす最新HDDテクノロジーです。

EAMR(エネルギーアシスト磁気記録)

EAMRは画期的なHDD記録テクノロジーであり、HDDトラックでビット/インチ(BPI)を増加させることで、面密度を拡張できます。

HelioSeal

HDDドライブ内にヘリウムを充填することでディスクの数を増やし、動作音を抑えて、消費電力を低減します。

データに適したストレージは、特定のビジネスニーズに応じて異なります。下図を参考に、容量、コスト、パフォーマンスなどのバランスが最適化されたソリューションを見つけましょう。より複雑なニーズについては、当社のエキスパートにご相談ください。貴社に最適なデータインフラストラクチャの構築をお手伝いします。

  Ultrastar DC HC300シリーズ WD GoldエンタープライズHDD Ultrastar DC HC500シリーズ Ultrastar DC HC600シリーズ
容量 4~10TB 1~22TB 1~22TB 20TB
インターフェース SATA/SAS SATA SATA/SAS SATA/SAS
記録形式 CMR CMR CMR SMR
空気/ヘリウム 空気 空気/HelioSeal HelioSeal HelioSeal
信頼性 MTBF 200万時間
AFR 0.44%
ワークロード最大550TB/年
MTBF 200~250万時間
AFR 0.35~0.44%
ワークロード最大550TB/年
MTBF 250万時間
AFR 0.35%
ワークロード最大550TB/年
MTBF 250万時間
AFR 0.35%
ワークロード最大550TB/年

推奨商品

Ultrastar DC HC330データセンター用ドライブ

従来のデータセンターアプリケーション向けの高速で信頼性の高いデータアクセス。

WD GoldエンタープライズクラスSATAハードドライブ

エンタープライズクラスのパフォーマンスで厳しいワークロードにも対応。

今すぐ購入

Ultrastar DC HC560データセンター用ドライブ

革新的アーキテクチャと桁違いの電力効率。

Ultrastar DC HC650データセンター用SMRドライブ

シーケンシャル書き込みアプリケーション向けに構築。

ケーススタディ

SMR HDDでエクサバイトスケールを実現するDropbox Magic Pocket

コラボレーションプラットフォームの世界的大手Dropboxは顧客の信頼に応える頼れるインフラストラクチャを必要としていました。Western DigitalのUltrastar DC HC600シリーズSMR HDDを利用することで、ストレージ容量を増やし、コスト効率が最大20%上がりました。具体的な方法はケーススタディをお読みください。

ニーズに合ったデータセンターストレージソリューションを見つける