データセキュリティと暗号化

設計から使用時とその先まで、複数のポイントで保護します。

徹底的な組み込みのセキュリティ

データの安全を確保するため、ウエスタンデジタルはエンタープライズハードディスクドライブおよびSSD向けの、包括的なセキュリティプロセスを構築しています。ファームウェア、ハードウェア、製造プロセスにセキュリティを統合することで、データが業界標準の暗号化プロトコルとデータのアクセス制御によって確実に保護されるようにしています。

開発

製品設計の初期段階から、データセキュリティは重要な検討事項です。

製造

厳格なプロセスにより、ドライブの信頼性を確保し、保護を徹底します。

展開

ファームウェアのセキュアなダウンロードと認証により、デバイスを保護します。

使用

業界標準のプロトコルにより、デバイスのデータを不正なアクセスから保護します。

販売終了

当社の簡単なリサイクルプログラム1により、持続可能な方法でセキュアにデバイスをリサイクルします。

成果

意図的なセキュリティ指向の設計と機能開発より、2つの主要な成果を実現します。

設計関連

ドライブそのものを不正侵入から保護

所定のセキュアエンクレーブに基づく包括的なセキュリティアプローチにより、ドライブは設計から廃棄までのライフサイクル全体を通じて、望ましくない侵入から保護されます。

使用関連

ユーザーデータを不正アクセスから保護

データ保護の主要なコンポーネントを理解し、主要な4つのドライブセキュリティタイプ(SE、ISE、TCG、TCG-FIPS)の機能を把握して、最もニーズに適しているタイプを判断できます。

データセキュリティの構造

改ざん防止のため、セキュリティはさまざまなポイントでドライブに組み込まれています。

固有のID

固有のID(各ドライブのシリアル番号など)により、追跡や認証の対策を講じられます。

認証済みユーザーに限定

ドライブでは保存されているユーザーデータも暗号化やアクセス制御によって保護され、データの紛失、盗難、リモート攻撃が発生した場合でもデータにアクセスできるのは認証済みユーザーに限定されます。

ファームウェアの保護

製造後のドライブファームウェアは、セキュアなダウンロードと認証の手順によって保護されます。これにより、顧客への出荷プロセス中やそれ以降にドライブの機能が悪意を持って改ざんされるのを防ぐことができます。

運用終了後のセキュリティ

ドライブには、その廃棄時にユーザーデータを消去し、ドライブを使用できなくするか他の用途に再利用するなどの保護機能が求められます。

anatomy-of-data-security-white-icon-v2

セキュリティタイプ別に購入

技術概要

SEDutilを利用してTCG Ruby準拠のドライブを設定する方法

ウエスタンデジタルのSSDにおけるTCG Rubyの基本を理解しましょう。

技術概要

ドライブを保護し、データを保護する

エンタープライズドライブに対する当社のセキュリティアプローチの詳細をご覧ください。

よくある質問

データの暗号化とは、ソフトウェアまたはハードウェアを使用してデータセキュリティを提供する便利で強力なソリューションです。暗号化により、データを暗号化キーによってのみ解読できる無意味な文字列に変換し、Instant Secure Eraseを有効にして、暗号化キーを破棄することでデータを即座に消去できます。

補足

1. 地域によっては、プログラムをご利用いただけない場合があります。日本ではリサイクルプログラムは実施しておりません。
特定の製品やサービスに関する記述は、これらがすべての国や製品で利用可能になることを示唆するものではありません。