ビデオワークフローソリューション

撮影から編集スタジオまで

独自のビデオチャンネルを制作している場合でも、数百万ドルの映画を制作している場合でも、強力なメディアワークフローでプロジェクトが成功することも失敗することもあり得ます。時間に追われる中、映像は非常に重要です。複数のバックアップが必要不可欠であり、ビデオ編集に最適なSSDとHDDが必要です。それがSanDisk Professionalがプロフェッショナルストレージソリューションを作る理由です。ポータブルSSDから大容量RAIDソリューションまで、制作のあらゆる段階でビデオ資産を効率的に確実に管理します。

オフロードとバックアップ

ロケ現場で

撮影が終わってから映像をオフロードし、バックアップが終わるまで待つことほどイライラすることはありません。ポータブルなプロフェッショナルグレードのG-DRIVE PRO SSDなら、最大2800MB/s2の転送速度と最大2TBの容量1で、コピーする時間を節約できます。配布用の高速バックアップコピーが必要な場合は、耐久性に優れたG-DRIVE SSDをお勧めします。電源を利用できる場合は、持ち運び可能な必須のRAIDシステム、G-RAID Shuttle 4でスピードと冗長性を確保できます。

財布を落として60万ドルの撮影ファイルが消滅したら、どのように顧客を納得させることができるでしょうか。故障しているカードが見つかる場合もあります。

DP、ヴィンセント・ラフォレ

冗長性は必須

移動中

経験豊富なビデオのプロは、撮影現場から離れる前にバックアップを3~4つ作成し、別々に移動させ、荷物の置き忘れなどのアクシデントからデータを保護します。またプロは、行き先によって異なるバックアップドライブを使用します。信頼できるコピーを確保できるように、SanDisk Professionalは最大5TBのポータブルストレージ1を備えた、頑丈なG-DRIVE ArmorATDハードドライブを提供しています。アシスタントエディターがいつも慌ててタイムラインとクリップをレイアウトしているなら、超高速のG-DRIVE PRO SSDをお勧めします。

スタジオで

ポストプロダクションは、プロジェクトが1つにまとまるところです。ビジュアルエフェクトやレンダリングなどで重いファイルや高負荷のコンピューティングを扱う場合、パフォーマンスと容量が重要になります。G-RAID Shuttleソリューションは作業に応じて柔軟にカスタマイズできます。最大160TB1の大容量を備えたG-RAID Shuttle 8や最大2800MB/秒2の高速転送速度を発揮するG-RAID Shuttle SSDなど、すべてのG-RAID Shuttleソリューションはエンタープライズクラスのドライブを搭載し、カスタマイズ可能なRAID構成1、デュアルプロトコルのUSB-Cサポートによって構築されており、映像のオフロードやコピーを簡単に行えます。

G-DRIVE SSD

IP67の防水/防塵、3メートルの高さからの落下保護3、2000ポンドの耐衝撃性を備えています。G-DRIVE SSDはあらゆるワークフローに対応する信頼性の高い、頑丈なストレージです。

G-DRIVE PRO SSD

G-DRIVE PRO SSDはThunderbolt 3テクノロジーと耐久性、耐衝撃性に優れた設計により、どこにいてもマルチストリーム8K映像をフルフレームレートで編集したり、1テラバイトのメディアを7分以下で転送できます。

G-DRIVE ArmorATD

映画制作者やプロデューサー向けに作られた頑丈な全地形対応ポータブルハードドライブは、外出先でも3層の耐衝撃性と頑丈なアルミニウム筐体でデータを保護します。

G-RAID Shuttle 4

最大容量80TB1、転送速度最大1100MB/秒2のG-RAID Shuttle 4デバイスは、要求の厳しいワークフローに最適なストレージです。

G-RAID Shuttle SSD

最大2800MB/s2の超高速転送速度を実現するThunderbolt 3テクノロジーを搭載した携帯可能なデザインで、ロケ現場やスタジオで複数のカメラ映像をリアルタイムで編集でき、すばやいエクスポートでワークフローを効率化します。

G-RAID Shuttle 8

最大2000MB/秒1の転送速度を実現するThunderbolt 3テクノロジーを搭載した、持ち運び可能な8ベイ、ハードウェアRAIDソリューションで、コンテンツクリエイターに超大容量とパワフルなパフォーマンスを提供します。

開示:
1. 1TB = 1兆バイト。実際の有効容量は、動作環境により少なくなる場合があります。RAID製品の場合、ストレージ容量はRAID 0モードに基づきます。ユーザーコンテンツに使用できる合計容量は、RAID構成によって異なります。
2. 1MB/s = 毎秒100万バイト。特に指定のない限り、[転送]速度に基づきます。最大2800 MB/sまたは7分あたり1 TB。社内テストに基づきます。ドライブ容量、ホスト機器、OS、アプリケーションによってパフォーマンスが低下する場合があります。
3. カーペット敷きのコンクリートの床で実施