四日市工場の特定半導体生産施設整備等計画の認定について

東京、カリフォルニア州サンノゼ - July 26, 2022

キオクシア株式会社とウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ: WDC)は、三重県四日市市のキオクシア四日市工場第7製造棟における設備投資計画が、経済産業大臣により、「特定高度情報通信技術活用システムの開発供給及び導入の促進に関する法律」に基づく「特定半導体生産施設整備等計画」に認定されたことをお知らせします。これにより、四日市工場における設備投資等に助成金が交付される予定です。

両社は、国内最大規模の半導体工場である四日市工場において、20年にわたるジョイントベンチャーパートナーシップを基に、最先端フラッシュメモリの開発・生産を加速させます。また、半導体関連産業の発展や半導体人材の育成に貢献してまいります。

キオクシアの代表取締役社長である早坂伸夫は次のように述べています。
「日本政府からの支援に感謝いたします。クラウドサービス、5G通信、IoT、AI、自動運転などが広がるデジタル社会において必要不可欠であり、経済安全保障の観点において重要な半導体である最先端フラッシュメモリの安定的な国内生産を継続し、国内・地域経済や半導体関連産業の発展に貢献してまいります。」

ウエスタンデジタルのCEOであるDavid Goeckeler(デービット・ゲックラー)は、次のように述べています。「メモリおよびデータストレージのテクノロジーは、今後も半導体業界において不可欠なイノベーションであり続けること、そしてその重要性を日本政府が認識していることを嬉しく思います。引き続き戦略パートナーのキオクシアとともに、長期的な成功を目指していきます。」

■特定半導体生産施設整備等計画の概要
事業者の名称:キオクシア株式会社、フラッシュパートナーズ有限会社(※)、フラッシュアライアンス有限会社(※)、フラッシュフォワード合同会社(※) ※キオクシアとウエスタンデジタルの製造合弁会社です。
助成交付金(最大):約929億円 
施設:四日市工場 第7製造棟 
主要生産製品:3次元フラッシュメモリ(第6世代)

■キオクシアについて
キオクシアはフラッシュメモリ、SSDの開発、製造、販売を行っています。1987年 NAND型フラッシュメモリを発明し、2017年に株式会社東芝から分社。2019年10月にキオクシア株式会社に社名変更しました。「『記憶』 で世界をおもしろくする」のミッションのもと、世界中の人々にさまざまな「価値」の提供を目指しています。3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH™」はスマートフォン、PC、データセンター、自動車などのアプリケーションに大容量記憶デバイスとして搭載されています。

■ ウエスタンデジタルについて
ウエスタンデジタルは、データを活用し、データの持つポテンシャルを解き放つという使命を担っています。フラッシュとHDDにおいて、メモリーテクノロジーの進歩に支えられ、私たちはブレークスルー・イノベーションと強力なデータストレージ・ソリューションを生み出し、その願いを実現できるようにします。そして私たちの価値観の核心として、切迫する気候変動に立ち向かうために、Science Based Targetsイニシアチブにより承認された壮大で高い炭素削減目標に一丸となって取り組んでいきます。ウエスタンデジタルおよびWestern Digital®、SanDisk®、WD®ブランドの詳細については、https://www.westerndigital.com/ja-jp をご覧ください。

Press Contacts

Media Inquiries

Robin Schultz
+1-408-573-5043
robin.schultz@wdc.com

Analyst Relations

Doug Anter
doug.anter@wdc.com

Asia Pacific

Jolin Tan
+65-6840-9326
jolin.tan@wdc.com

China

Cathy Ding
+86-213-2063-843
cathy.ding@wdc.com

EMEA

Jon White
+44 (0)7826 292026
Jonathan.White@wdc.com

India

Bhawna Ningthoujam
Bhawna.Ningthoujam@wdc.com

Japan - Corporate

Jun.Takahashi
+81-3-4334-7144
Jun.takahashi@wdc.com

Japan - Products

Kenji Suzuki
+81-3-3642-265
kenji.suzuki@wdc.com